毎日を愉快に生きたいできごと日記

フラワーアレンジ週1,プリザーブドフラワー月1掲載。猫と花とお料理ブログ
Posted by やさしさに包まれて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by やさしさに包まれて   0 comments   0 trackback

今日は映画 ミッション:8ミニッツ

今上映中の映画、ミッション:8ミニッツ を観てきました。
よかったです。引き込まれます。
本文はこちら  ミッション:8ミニッツ



世界中で反格差デモが起こりましたが こんなグラフを見つけました。

「どうして反格差デモや暴動が起きているのか?」アメリカ人がショックを受けていたグラフ

そりゃ怒ります。




「KEEP WALKING(歩き続けていこう)」をテーマに
スコッチウイスキーブランドのジョニーウォーカーから、
注目の映像クリエイター6人によるショートムービーを楽しめる特設サイト。

KEEP WALKING THEATRE

お酒の会社ですので 最初に年齢を入力して 入ります。

第1弾は、
映画「リンダ リンダ リンダ」「マイ・バック・ページ」を手がけた、
山下敦弘監督作品「曇天吉日」。

素朴な日常の中の 人間ドラマ。  地味なのに いいですね、最後の
前向きな気持ちが すっきりと 未来が開ける気になれます。


今後の公開スケジュールや、ショートムービーの詳細情報は、
ジョニーウォーカーの公式facebookページで。

Johnnie Walker Japan (facebookページ)

詳しくは こちらにUPされています。

ジワッときちゃう…!今注目のクリエイター6人によるショートムービー「KEEP WALKING THEATRE」に思わずホロリ



今日覚えてみる英語

‘Which movie do we want to see?’ ‘It’s your call.’

「どの映画観ようか」「君の好きなのでいいよ」



Her life is like straight out of a movie.

彼女の人生はまるで映画のようだ。




よろしければポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
昨日twitterでつぶやいたんだけど
豚気味になってきた :(;゙゚'ω゚'):


スポンサーサイト
Posted by やさしさに包まれて   0 comments   0 trackback

カウボーイ&エイリアン

カウボーイ&エイリアン 観てきました。

面白かったです。
そして 音楽を最後まで聴くと 昔懐かしのカウボーイ映画みたいで
もう男の哀愁漂うシーンとか 思い出して ジーンときました。

現代らしく 本編では哀愁を漂わせてはいませんでしたけれどね。
最近の子は カウボーイもの あまり知らないでしょうね。
私が小1の頃は よく放送されていたのです。
最後には 大抵去っていくんです。哀愁を残して。


ハリソンフォードが出ていたので 即観ることは決定。
悪役なんですけどね、ラストに近づくと もう悪役ではないんです。
この人ならではの 存在感。

ダニエル・クレイグ、ハリソン・フォードの夢の競演で贈るSFアクション大作。




ダニエル・ロウトン・クレイグ(Daniel Wroughton Craig)は 6代目のジェームズ・ボンド役を
やった人です。 
『007』シリーズ初の金髪ボンドとなった、『007 カジノ・ロワイヤル』で、007の原作愛読者からは、
彼が演じるジェームズ・ボンドが 最も原作に近いと見る人もいて 大好評でした。


今年演じたのは他には
ライフ -いのちをつなぐ物語-(One Life)    ナレーション
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
   ( The Adventures of Tintin: Secret of the Unicorn)レッド・ラッカム役
                                          など


ハリソン・フォード(Harrison Ford)は『スター・ウォーズ』のハン・ソロ役。
『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』などの インディ・ジョーンズシリーズの主役です。
『逃亡者』リチャード・キンブル医師 などなど

映画の題名など あまり覚えないんですけど もうこれらの作品以前からファンです。




カウボーイ&エイリアン よかった!


ハリソン・フォードとダニエル・クレイグは 撮影で使った馬を気に入り、
実際に乗っていた馬を買ったといいます。
ファブロー監督はその 馬を乗りこなす姿に「惚れ惚れした」そうです。


製作総指揮 スティーブン・スピルバーグ
製作 ロン・ハワード
監督 ジョン・ファブロー
脚本    ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン、デイモン・リンデロフ、マーク・ファーガス、ホーク・オスビー、スティーブ・オーデカク


この奇想天外なSFアクション・ウエスタンは、90年代後半にはスピルバーグらが
映画化権を取得していたにも関わらず 脚本の難しさ故に 試行錯誤を重ね苦しんで
やっと仕上がった作品。

3Dを使っていないことで 深い味わいが出ています。




この映画のパロディも いろいろと作られ 人気だそうです。







よろしければポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。