毎日を愉快に生きたいできごと日記

フラワーアレンジ週1,プリザーブドフラワー月1掲載。猫と花とお料理ブログ
Posted by やさしさに包まれて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by やさしさに包まれて   0 comments   0 trackback

放射能から守る

誤差が少なく 含有される核種(同位体の原子核を一つ一つ区別していう呼称)まで特定可能なのは、ゲルマニウム半導体検出器です。
この測定器は 日本に100台程度しか ありません。
購入費用が高く、一つのサンプルを処理するのに 1時間かかり、前処理にも 半日以上かかると聞きます。

核種の特定は難しいけれど 簡易型のシンチレーションサーベイカウンターやサーベイメーターを うまく使うことが 必要になります。



業界の放射能検査は甘く 右往左往している段階。

行政による 出荷制限や 出荷自粛の対象となった地域の原材料は使用していない と行政の検査頼みの企業姿勢が、多く見られます。

国の方針に 意見を申し上げる立場にないと 沈黙を貫く企業が多い中、
対策を取っていないと言いながら 実は 政府より低い基準値を設けるなど 独自作を設けた企業もあります。

独自作を取ることで 安全をうたう政府に楯突いてる と思われるからで、競合と足並みをそろえたいという思いもあります。



放射性セシウムによる牛肉の汚染問題に見られるように 政府の検査態勢は穴だらけで、安全基準を引き上げたりもする政府を、国民は信用できません。





自治体や学校間では 無知による温度差があり、施策の効果を受けられる子供と 受けられない子供の 格差が広がっています。




より安全な徐染は可能です。

例えば、米国のCBIポリマーズ社と米国医師会が 日本医師会を通じて 徐染を申し入れて試みられた徐染剤「ディコンジェル」
ジェルで 放射性物質や化学薬品による汚染を包み カプセル化して除去するもので、塗ってはがすだけ。
フィルターを付けた焼却処理場で処理します。





削り取った土の処分は 難しく、穴を掘って埋めているのが 学校の現状ですが、放射性物質が地中に 広がる恐れがあります。
土中汚染を防ぎ 再処理しやすくする為に、市販されている「ボックスパレット」などのコンテナに土を入れて まず保管すべきです。 

校庭や給食に潜む危険から 子供達を守る・線量測定などの 最低限の対策は、 各自治体して欲しいものです。






ともあれ 原子炉内の放射性セシウムのうち、半滅期が30年のセシウム137と 半滅期が2年のセシウム134の割合が、チェルノブイリ事故で 2:1 だったのに対し、福島では 1:1。
長期的な影響は 福島の方が少ないのです。

ここ5~6年を 頑張り期として、行政も 個人も しっかり対策を立てて 乗り切りましょう。


 

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 


今日 私が買おうと思ったもの 

歯磨き粉不要の「ナノテク歯ブラシ」


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://abreathofair.blog.fc2.com/tb.php/10-43095c35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。