毎日を愉快に生きたいできごと日記

フラワーアレンジ週1,プリザーブドフラワー月1掲載。猫と花とお料理ブログ
Posted by やさしさに包まれて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by やさしさに包まれて   0 comments   0 trackback

涼しげにサマープリザ

ドルチェ

ドルチェ1


ドルチェ2


ドルチェ3


ドルチェ4
ドルチェ5




フレグランスサマーリース

フレグランスサマーリース1


フレグランスサマーリース2



フレグランスサマーリース3

サシェの中はラベンダー

フレグランスサマーリース4



光るビー玉も、揺れるリボンも
涼しげでしょう。







夏休み 家族でお出かけもあるでしょう。

私も昨日は 日帰りで旅行してきました。



私は乗り物酔いというのは ほとんどしたことがないのですが

最近 娘が酔うようになりました。


乗り物酔いというのは

人が姿勢を保とうとする「平衡感覚」の混乱が原因です。

過去の経験から出る予測パターンとは 違う動きが繰り返されると

危険信号として不快な感覚を起こし、めまいや吐き気などの症状が起きます。



乗り物の経験が少ない3歳未満の子供は、

経験的なパターン情報が少ないため、あまり酔いません。

年齢を重ねても 乗り物の経験が予測情報として蓄積され、感覚の混乱が起こらなくなります。


・十分な睡眠で体調を整え、進行方向を見て感覚の混乱を防ぐ

・嘔吐中枢をブロックする 抗ヒスタミン剤などの酔い止め薬

の対処法をされる方も おられるでしょう。


乗り物酔いは 訓練でも防げるそうです。


8日間毎日25分、前転や横転をした後、直線上や円周上を歩くなど
平衡感覚を鍛える。

不安や緊張を取り除くために 腹式呼吸を行いながら肩や腕の力を抜き、
「気持ちが良い」「楽しい」と暗示する。

かなり効果があるそうです。




8日間も続けてできるかしら というものぐささんには

訓練用アプリケーションソフト「ヨイトレ」

があります。


タブレット型多機能端末 iPadなどを 車の座席前に固定して乗車。

車が曲がると画面上のキャラクターが遠心力に応じて、

「体を右に傾けて」などと指示する。

その通りに頭を傾けることで、乗り物酔い防止のトレーニングになる。


というもの。



「一度コツが分かれば、携帯端末がなくても対処できるようになります」と開発した浜松医科大。

年度内に発売予定。




夏休みに 間に合わないのが 残念。





よろしければポチットお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://abreathofair.blog.fc2.com/tb.php/366-462b86d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。