毎日を愉快に生きたいできごと日記

フラワーアレンジ週1,プリザーブドフラワー月1掲載。猫と花とお料理ブログ
Posted by やさしさに包まれて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by やさしさに包まれて   0 comments   0 trackback

春の寄せ植え10_パステルカラーの鉢

パステルカラーの寄せ植え

店頭に並んだ たくさんの花にワクワクします。

ネットや他のお店より
こっちの苗の方が安いじゃないって
レビューなどで読む事がありますが

ちょっと待って その苗はどんな育てられ方をしたの?
って思います。
例え半額でも 高いと思った苗の何分の一にしか
大きくならなかったり 花がつかなかったりしたら
それって 安いのかしら。

アリッサムなど
香りがしないものと とてもよい香りが漂うものがあります。
もちろん値段との相談は大きいのですが
出来るだけ 惚れ込んだものを買いたいです。

前回花壇に植えたネメシア
  花壇の日2
花壇2

青い小花の忘れな草の後ろにある ピンクの苗で
チョコレートの香りでした。

今回寄せ植えに使ったこちらは
ネメシア

バニラのとても甘い香りがします。
お花の香りって 大好きです。

ちょっと珍しい苗を使いました。
これ オキザリスなんです。
オキザリス

八重咲き
ハート型の葉にころんとした花姿が可愛らしいです。
 商品へリンク


パステルカラーの寄せ植え1

花材
 フランネルフラワー エンジェルスター
 ミニバラ
 ネメシア
 リナリア
 カタバミ(オキザリス) ダブルイエローの心愛(ここな)
 クローバー  カシス
 バコパ

お花の性質については、追記に書くことにします。
読んでみたい方はクリックくださいね。  ページ下のRead more です。
 
パステルカラーの寄せ植え2

お花の性質上 5~6月に解体。
フランネルフラワーと ミニバラを
別に仕立てて育てます。

パステルカラーの寄せ植え3



 1 古いワイヤーバスケットを使う
 2 古いハートのワイヤーリースを使う
 3 鳥かご
 4 古い木製樽の再利用
 5 額
 6 ハンギングバスケット
 7 ジュリアンドーム
 8 多肉マイガーデン
 9 マガジンラック
10_パステルカラーの鉢
11 乾かし気味で育てる組み合わせ
12 ハーブ

関連
 寄せ植え写真集 2015年

 花壇の日

 多肉寄せ植えマイガーデン

商品検索



メインブログ
楽天ブログバナー.jpg


別館 (チャンプのつぶやき)
チャンプ
黒猫チャンプの猫の飼い方実践講座


↓他の記事もよろしく^^。

  案内ページ

  チャンプ

  お花のページ

  料理のページ

  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フラワーアレンジメント ブログランキングへ


プリザーブドフラワー ブログランキングへ
フランネルフラワー
   セリ科
   宿根草
   開花 : 10月 ~ 翌年5月
オーストラリア原産。
花・葉・茎に細かい毛がついていて フランネル(軽くて柔らかい毛織物のこと)のようであることが
名前の由来。
四季咲き性。年中日が当たれば開花する。
霜に当たると痛むので 冬期は軒下管理。
湿気に弱いので 夏場は 風通しの良い場所に移動し 水やりをひかえる。
土は乾燥気味を好むので 乾いてからたっぷり水やり。
株に水がかかると 茎や葉にたまり腐りやすくなるので
株元に水を与える。
蒸れそうなら 余分な茎を切り落とす。

ミニバラ
 バラ科
 半落葉低木
 開花 : 4月 ~ 5月、 9月 ~ 10月
年中 日当たりと風通しの良い所に置く。
薔薇の中では 病害虫が少なく 育てやすい。
半日程度の日射でも花はつけるが 花つきが悪くなる。
地植え 腐葉土や堆肥を混ぜた肥沃な土で
     寒肥・花後のお礼肥
鉢植え 月に1度化成肥料で追肥(肥料が水とともに流れやすい)
花が終わったら5枚葉の上で切りますが
枝が細い場合 細い枝には細い枝しか出てこないので
太い枝のところで切る。

ネメシア
 ゴマノハグサ科
 常緑多年草
 開花 : 10月 ~ 翌年5月 
 草丈 : 15 ~ 30cm
丈夫で日当たりの良い所を好む。
戸外で越冬可能。枝が柔らかく折れやすいので
雪の降る日は軒下に置く。
高温多湿は苦手。夏越しは 風通しの良い涼しいところで。
株の寿命は2年程度。
開花時期にリン酸の多い肥料を追肥。
夏場は追肥しない。

リナリア
 ゴマノハグサ科
 秋まき一年草
 開花 : 12月 ~ 翌年5月 
 草丈 : 20 ~ 50cm位
葉が細く 株の柔らかめな姿が 繊細なイメージ
自己主張が激しくないので 様々な花と合わせやすい。
丈夫で花つきがよく育てやすい。
日向を好むが半日陰でも育つ。
やや寒さに弱いので 冬期は霜や雪に当たらないように。
水やりは控えめ 花に水がかからないように。
株が元気なら 花後に切り戻すと2番花を楽しめる。

カタバミ 心愛
 カタバミ科
 耐寒性宿根草(球根植物)
 草丈:15~20cm
 開花 : 10月 ~ 翌年4月
 耐寒性: 0度まで
丈夫で 一度植えれば手入れしなくても 毎年花を楽しめる。
秋~春は月に1度緩効性肥料を根元に施す。
一定期間低温に当たることで開花。
夏に休眠するため 葉のない夏に水を与えると 球根が腐るので
夏期は水の当たらない場所が良い。

水切れすると花が咲かなくなるので、冬もたっぷり水をやるとのことですが
カビて枯れてしまいました。
やせ地でも育つ植物なので 水やりは乾かし気味がいいです。

クローバー(四葉)
 マメ科
 常緑多年草
 草丈 : 10 ~ 15cm
 開花 : 4月 ~ 6月 
寒さにも暑さにも強く丈夫。
春と秋に種をまくか 広めの間隔で苗を植える。
日当たりの良い やや乾燥した場所に植えれば
放任で育つ。
肥料は無理にあげなくて良い。
ランナーで広がるので 庭植えの場合 広がっても大丈夫な場所に植える。
 
バコパ
 ゴマノハグサ科
 半常緑多年草
 草丈 : 10 ~ 15cm
 開花 : 10月 ~ 翌年5月 
丈夫で美しく手間がかからない。
日当たりと水はけの良い所を好む。
高温多湿に弱いので 夏場は半日陰。
梅雨の終わり頃に 伸びすぎたところを切り戻し
夏場に休眠させると 株が長持ちする。
開花期が長いので 肥料切れしないよう 夏場以外は液肥か化成肥料で追肥。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://abreathofair.blog.fc2.com/tb.php/819-38ebd2b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。