毎日を愉快に生きたいできごと日記

フラワーアレンジ週1,プリザーブドフラワー月1掲載。猫と花とお料理ブログ
Posted by やさしさに包まれて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by やさしさに包まれて   0 comments   0 trackback

春の寄せ植え14_ペチュニアリース

ペチュニと金魚草リース2

そろそろペチュニアが出回り始めました。
ペチュニアは長い間 楽しませてくれます。

まだまだ使える古いリースを利用します。

リース1

ジュートを敷きます。
丁度ギリギリのサイズで残っていました。

リース2

斜めに切り込みをいれて 二つにわけます。

リース3

リースに入れ込んで

リース4

穴を開けた ビニール袋

リース5

薄っすらと 鉢底石を入れます。
最近良く利用するのが 使い終わりは土に帰すことのできるもの。
軽くて ハンギングには丁度です。
天然素材を発泡させたものですので無害
繰り返し使えますが
使った後はくずして土に混ぜ込めば
通気性・排水性・保水性・保肥性がアップし 土壌改良剤になります。


ペチュニアリース

こんもりと茂る バラ咲きペチュニア
 チャーミングベル ダブルローズ (濃いピンク) 2株
 チャーミグンベル ダブルホワイト (白)     1株

タイプ:ナス科ペチュニア属(宿根性)
草丈:15~20cm
花径:約3cm
開花期:春~晩秋
用途:鉢植え、コンテナガーデン、ハンギングバスケット
日照:日当たり

小輪多花性、春から晩秋まで咲いてくれます。
温度さえあれば冬でも花が咲くほど丈夫です。
種子ができないので1輪の花が長く楽しめます。

花の咲いている時は肥料切れのないように液肥を与え
花が少なくなってきたら 1/3程度に切り詰めると
また新芽が出て咲いてくれます。

リースにするにはどうしても 根を崩さなければいけないのですが
どこの説明書を見ても 根は崩さないようにとあります。
うまく育つかちょっと ドキドキです。


ペチュニと金魚草リース

こちらは昔からあるペチュニア
これに金魚草 シルバードラゴンをあわせました。

【学 名】Antirrhinum Sherbert
【科属名】 ゴマノハグサ科キンギョソウ属
【分 類】耐寒性多年草
【草 丈】~15cm
【開花期】春・秋
【置き場】日当たりと水はけがよい場所に
【水やり】過湿を嫌うので土の表面が乾いてから水をたっぷりと与えます。

植えている最中に 結構ぽきぽき折れます。
そーっとそーっと。
けれど購入時についている花やツボミは
植え付け時に敵芯してしまう方がよいようですので
折れても構いません。

折れたものは土に挿しておくと
根付いてくれるようです。

折れたペチュニアも 小さな花瓶などに入れて水につけておいたら
長く咲いてくれます。

春以降は日当たり
夏は直射日光が当たった花の部分が茶色く枯れてしまうので、
夏越しさせる場合は半日陰か日陰に移動。

過湿を嫌うので こちらの水やりは
先のペチュニアと違って 乾いてからやります。

 1 古いワイヤーバスケットを使う
 2 古いハートのワイヤーリースを使う
 3 鳥かご
 4 古い木製樽の再利用
 5 額
 6 ハンギングバスケット
 7 ジュリアンドーム
 8 多肉マイガーデン
 9 マガジンラック
10_パステルカラーの鉢
11 乾かし気味で育てる組み合わせ
12 ハーブ
13 乾かし気味で育てる

関連
 寄せ植え写真集 2015年

 花壇の日

 多肉寄せ植えマイガーデン

商品検索



メインブログ
楽天ブログバナー.jpg


別館 (チャンプのつぶやき)
チャンプ
黒猫チャンプの猫の飼い方実践講座


↓他の記事もよろしく^^。

  案内ページ

  チャンプ

  お花のページ

  料理のページ

  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フラワーアレンジメント ブログランキングへ


プリザーブドフラワー ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://abreathofair.blog.fc2.com/tb.php/843-26632254
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。